TCGのへや

【モブという生き物のTCG攻略講座 vol.1】
パズドラTCGスターターデッキ編

 皆さんこんにちわー、「TCGのへや」スタッフのモブです(@_@)/
 今回は「パズル&ドラゴンズTCG」におけるスキルカードの重要性ついて、スターターデッキ「爆動の火山龍」と「破滅の悪魔龍」を元に紹介します。
爆動の火山龍破滅の悪魔龍

実は3割がスキルカード!

 まず、スターターデッキ「爆動の火山龍」と「破滅の悪魔龍」にはモンスターカードが26枚、スキルカードが14枚入っています。
モンスターカードスキルカード  各スターターデッキの枚数は40枚なので、全体の35%がスキルカードとなっています。このゲームはスキルカードが使いやすく、デッキに複数入れるのが主流です。その要因として、大きく下記の3つがあります。
 ①:使わないスキルカードはドロップ置き場に置ける。
 ②:奇襲性の高い独自の効果を持っているカードが多い。
 ③:デッキを作る際の自由枠としてドロップの比率を調整しやすい。

モンスターエリアの属性に注意!!

  一方、注意しなければならない点として、スキルカードを使用する際は、そのスキルカードと同じ属性のモンスターが自分のモンスターエリアにいないと使用できません!

 例えば、自分のモンスターエリアのモンスターが火属性のみの時に、水属性のスキルカードである「防御の構え」は使用できないのです。よく間違えやすいのが、コスト軽減カードである「○○リット」系のカードを使って「金のタマゴ」から進化する時に、その属性のモンスターがいないことです。実際僕もやりました(笑)。その点は注意してプレイしましょう。

 以上のことより「パズル&ドラゴンズTCG」ではスキルカードがデッキの基盤となっており、非常に重要な役割になっていると考えます。

 では今回はこの辺で終わりにします、ありがとうございましたm(_ _)m

 (C) GungHo Online Entertainment, Inc.
 (C) KADOKAWA CORPORATION 2015

合わせて読みたい関連記事