TCGのへや

わいとめあコラムVol.2―機界騎士デッキ紹介―

%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e7%94%a8
皆さんこんにちは、わいとめあです。
今回は、先日都内で行われた大会で私が使用した機界騎士デッキをご紹介します。

機界騎士とは?

機界騎士モンスターは、
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 (1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、 このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
という共通の召喚ルール効果を持ったカードです。
モンスター効果は同じ縦列のカードに影響を及ぼす内容が多く、これまでの『遊☆戯☆王OCG』ではあまり利用されることが無かった、「マスを利用した戦術」が得意なテーマです。

デッキリスト

デッキ名:機界騎士
1 《紅蓮の機界騎士》
3 《紫宵の機界騎士》
1 《紺碧の機界騎士》
2 《蒼穹の機界騎士》
3 《トーチ・ゴーレム》
1 《BF-朧影のゴウフウ》
3 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
1 《怒炎壊獣ドゴラン》
1 《怪粉壊獣ガダーラ》
1 《海亀壊獣ガメシエル》
1 《究極封印神エクゾディオス》
3 《灰流うらら》
3 《幽鬼うさぎ》
2 《増殖するG》
3 《PSYフレームギア・γ》
1 《PSYフレーム・ドライバー》
3 《トレード・イン》
1 《ハーピィの羽根帚》
1 《妨げられた壊獣の眠り》
2 《強欲で貪欲な壺》
1 《成金ゴブリン》
2 《貪欲な壺》

メインデッキ 40
2 《リンクリボー》
2 《リンク・スパイダー》
1 《アカシック・マジシャン》
1 《アンダークロックテイカー》
1 《セキュリティ・ドラゴン》
1 《バイナル・ソーサレス》
1 《プロキシー・ドラゴン》
1 《トライゲート・ウィザード》
1 《星杯戦士ニンギルス》
1 《電影の騎士ガイアセイバー》
1 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
2 《ファイアウォール・ドラゴン》

エクストラデッキ 15
1 《黄華の機界騎士》
3 《妖精伝姫-カグヤ》
2 《ブラック・ホール》
2 《禁じられた聖杯》
3 《タイフーン》
3 《拮抗勝負》
1 《虚無空間》

サイドデッキ 15

採用カードピックアップ

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%81
《紫宵の機界騎士》
効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2500/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 (2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、 このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。 (2):自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外し、 デッキから「紫宵の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスター1体を手札に加える。 この効果は相手ターンでも発動できる。
機界騎士を除外して、機界騎士をサーチ(※デッキの中からカードを探して手札に加えること)する効果を持つモンスター。
(2)の効果は自身を除外してサーチが可能なので、相手の除去効果を避けつつサーチに繋げられます。
攻撃力が2500になった《ゼンマイラビット》《ゼンマイマニュファクチャ》の効果を内蔵させた感じのカードですね。
レベル8なので《トレード・イン》に対応しているのもポイントです。

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%81
《蒼穹の機界騎士》
効果モンスター
星5/光属性/サイキック族/攻2000/守2500
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 (2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、 このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。 (2):このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 このカードと同じ縦列の相手のカードの数だけ、 デッキから「蒼穹の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。
こちらも《紫宵の機界騎士》と同じく機界騎士をサーチする効果を持つモンスター。
《紫宵の機界騎士》と違い特殊召喚時にしかサーチができないものの、特殊召喚時に自身と同じ縦列の相手のカード分サーチができるので、 対SPYRAL後攻想定の場合、基本的に2枚のサーチが可能です。

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%81
《紺碧の機界騎士》
効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2400/守2400
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 (1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、 このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。 (2):1ターンに1度、自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。 この効果は相手ターンでも発動できる。
機界騎士の位置を移動させる効果を持つモンスター。
このカードと機界騎士が手札にあり、縦列にカードが2枚ある場合、
1.縦列にカードが2枚あるマスにこのカードを特殊召喚
2.(2)の効果を発動して、このカードを別のマスに移動
3.空いたマスに手札の機界騎士を特殊召喚
といった運用が可能です。
相手ターンに機界騎士モンスターをエクストラモンスターゾーンの前に移動すれば、
相手の《トーチ・ゴーレム》展開の妨害もできます!
《紫宵の機界騎士》《蒼穹の機界騎士》の効果で手札に加え、《トレード・イン》のコストにもなる優秀なカードです。
%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%81
《紅蓮の機界騎士》
効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2300/守2600
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 (1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、 このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。 (2):自分の墓地から「ジャックナイツ」モンスター1体を除外し、 このカードと同じ縦列の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。

同じ縦列のモンスターを除去する効果を持つモンスター。
《紫宵の機界騎士》《蒼穹の機界騎士》《紅蓮の機界騎士》とサーチ効果を連鎖させて、
《蒼穹の機界騎士》をリンク召喚の素材として使っておけば、自然と機界騎士が墓地に置かれるのでコストには困りません。
%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%81
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。 相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に 相手フィールドに特殊召喚できる。 このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。 (1):自分スタンバイフェイズに発動する。 自分は1000ダメージを受ける。

現環境最強の除去効果を持つモンスター。
SPYRAL定番の先攻展開、相互リンク3の《トライゲート・ウィザード》《SPYRAL GEAR-ラスト・リゾート》を装備した《SPYRAL-ボルテックス》《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》《SPYRAL GEAR-マルチワイヤー》をこのカード1枚でまとめてケアできます。
相手の《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》《SPYRAL-ボルテックス》をリリースして特殊召喚すると、 《トライゲート・ウィザード》の相互リンクを解除して、
フィールドから《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》がいなくなるため 《SPYRAL GEAR-マルチワイヤー》も発動できなくなります。
通常召喚できなくなるデメリットはありますが、元々このデッキには通常召喚するモンスターが手札誘発モンスターしか採用していないので、実質デメリット無しで運用できます。
レベル8なので、《トレード・イン》にも対応しています。

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%81
《究極封印神エクゾディオス》
特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻 ?/守 0
このカードは通常召喚できない。 自分の墓地のモンスターを全てデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。 このカードの(2)の効果で「封印されし」モンスター5種類が 自分の墓地へ送られ全て揃った時、自分はデュエルに勝利する。 (1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の通常モンスターの数×1000アップする。 (2):このカードの攻撃宣言時に発動する。 手札・デッキからモンスター1体を墓地へ送る。 (3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
自分の墓地のモンスターをすべてデッキに戻して特殊召喚する召喚条件を持つモンスター。
基本的にはこの召喚条件を利用して、墓地に送られたリンクモンスターをエクストラデッキに戻します。
《灰流うらら》に妨害されずに墓地のリンクモンスターをエクストラデッキに戻せるのは、《貪欲な壺》には無い利点です。
攻撃宣言時に(2)の効果を使って《PSYフレーム・ドライバー》を墓地に送れば攻撃力が1000になり、 守備表示の《トーチ・ゴーレム》を戦闘破壊できることは覚えておきましょう。

デッキの動かし方

先攻後攻は後攻を選択、機界騎士と《トーチ・ゴーレム》の効果を駆使して、後攻ワンキルを目標に行動します。
《トーチ・ゴーレム》の展開パターンに関しては、こちらの記事で解説しています。
展開の起点が《トーチ・ゴーレム》になるので、《トーチ・ゴーレム》が手札に無いときは《トレード・イン》《強欲で貪欲な壺》などのドローカードを使い、引きこみにいきましょう。
《トーチ・ゴーレム》が手札に無く、機界騎士のみ手札にある場合
機界騎士で戦線を維持しながら、手札誘発モンスターで相手の行動を妨害します。
《トーチ・ゴーレム》、機界騎士のどちらも引いていない場合
手札誘発モンスターか壊獣、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》のいずれかを引いているはずなので、 相手の妨害に徹してキーパーツを引くのを待ちます。

まとめ

今回は、私が最近使用している機界騎士デッキのご紹介でした。
これまでの『遊☆戯☆王OCG』とは違う、「マスを利用した戦術」をぜひこのデッキで体感してみてください!
それでは次回もお楽しみに!
|前回の記事:Vol.1―《トーチ・ゴーレム》展開紹介―【アーカイブ】わいとめあの遊☆戯☆王コラム|次回の記事:Vol.3―懐かしいデッキで対戦!ゲートボールで遊ぼう!―

大会情報

12月2日(土)にトレカの洞窟CARD WORLD TOWER AKIBA(最寄りJR秋葉原駅)にて、「TCGのへやランキング‐シーズン5‐王者決定戦」開催!
どなたでも参加可能な『遊☆戯☆王OCG』オリジナル制限の大会になってます!
大会詳細、参加登録はこちらの記事をご覧ください⇒http://tcgnoheya.net/pickup/6939/


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab ライター:わいとめあ
バンダイ版から『遊戯王』をプレイしている古参プレイヤー。
渋谷CS 優勝
バトロコ杯 優勝
オレたちトレカ部CS 優勝
その他大型非公認大会準優勝×4などなど
好きなカードは《稲荷火》
ご意見・ご感想等ございましたらTwitterにてお気軽にリプライください。
Twitter:@mokokorian

合わせて読みたい関連記事