TCGのへや

業界人インタビュー ~第2回 トレカの洞窟 小川さん~

in_01

Hachiがカードゲーム業界で働く人にインタビューをして、生の声をお届けする「業界人インタビュー」のコーナー!!
今回はトレカの洞窟 CARD WORLD AKIBA店に勤務されている小川さんにお話を伺いました!!
カードショップで働きたい方の参考になれば幸いです。

インタビューに答えていただいた方

名前:小川 広貴
年齢/性別:26歳/男性
所属/役職:トレカの洞窟 CARD WORLD AKIBA 契約社員(1年半)
職歴:イベント運営会社アルバイト(3年)→トレカの洞窟アルバイト(3年半)→同カードショップに就職
カードゲームを始めた時期:デュエマのブースター1弾(2002年)から
in02_image_120

Hachiから見た小川さん
バトスピが大好きなカリスマ店長。司会でお客様を楽しませる空気を作るのがうまい方。
今回インタビューを受けていただいた、小川さんが務めているお店はコチラ
トレカの洞窟 CARD WORLD AKIBA
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-3-7 鈴木ビル 地図
Twitter:https://twitter.com/torecano2

Q.1 カードゲーム業界に入った理由を教えてください

in02_image_80 子供の頃からカードゲームが大好きで長く遊んできた。好きなことを仕事にしたくてカードゲームに関係する就職先を探し、いまの仕事にたどり着いた。

Q.2 勤務時間はどの程度ですか?

in02_image_80 勤務時間をお店の開店と閉店に合わせているので、だいたい1日12時間程度、週4日勤務になることが多い。勤務日は来客数予測とアルバイトの人数を考え、フレキシブルに設定している。

Hachiから一言
大型タイトルの発売日が重なる週は発売準備(売り場つくりやシングルカードの準備)で忙しくなります。そういったときはアルバイトの人数を増やしたり、それでも足りないときは社員がシフトに入って対応することが多いようです。
hachi_80x80

Q.3 残業することはありますか?

in02_image_80 1日の勤務時間が12時間程度なので、休憩時間を差し引くと毎日3時間程度の残業扱いになる。月間平均でいうと30時間程度。

Q.4 メインの仕事内容を3つ教えてください

in02_image_80 ・店舗運営に必要な業務全般(レジ打ちや清掃等の作業を含む)。お店の改善点を見つけるため、意識的にタイトルの管理やレジ打ち、売り場のセッティングをしている。
・他のスタッフと意見交換。特にお客様の動向はレジを打っているスタッフや大会を運営しているアルバイトの方が詳しいことが多く、お客様視点の売り場つくりや店舗改善をするために参考にしている。
・商品発注、価格調整、イベント企画立案。特に詳しい知識があるバトスピ関係の企画立案やメーカーとの折衝を担当することが多い。

Hachiから一言
メーカー主催のイベントではなく、お店主催の独自イベントの開催をすることがあります。多くの場合はそのタイトルに精通したスタッフが働いているお店に提案し、開催していることが多いようです。
hachi_80x80

Q.5 特にやりがいを感じる仕事を教えてください

in02_image_80 スタッフの育成や売り場の改善。その結果として、お店の業績をよくしていくことがやりがい。

Q.6 趣味と毎月の趣味に掛ける費用はどれぐらいですか?

in02_image_80 カードゲームに月間平均30,000円程度使っていると思う(1番多く使っているのはバトスピ)。他のカードショップの商品価格や売り場の様子を見に行くとき、欲しいカードが安いとつい買ってしまう。

Hachiから一言
いいものを見かけると、他のお店でも買い物をすることはありますよね。むしろお店の商品を少しでも多くお客様に届けるため、自分の欲しいカードは他のお店で買うようにしているスタッフの話も聞きます。
hachi_80x80

Q.7 現在の仕事に就いてよかったと感じることを3つ教えてください

in02_image_80 ・好きなコンテンツに関わる仕事に就けたこと。
・カードゲーム業界で活躍する憧れの人と会えたこと。
・上記の人と一緒に仕事の話をしたり、ご飯を食べながらカードゲームの話をする機会があること。

Q.8 仕事で活かせる資格や技術があれば教えてください

in02_image_80 エクセルやワードが使えると買取表やPOPの作成に役立つ。特にエクセルの関数を使えると作業効率がよくなる。

Q.9 持っていたら役に立つ知識・人間的な素質があれば教えてください

in02_image_80 常に笑顔でいることが重要。それでいて問題が発生したときに毅然とした対応ができるとなおよい。

Hachiから一言
スタッフの表情は売り場の雰囲気を左右します。明るい表情のスタッフにはお客様が声をかけやすく印象もいいので、リピーターの獲得につながることも多いです。もちろん小川さんもとても明るくお話しできるお方なので、話しかけやすい理由が分かりました。
hachi_80x80

Q.10 オススメのブログ記事、書籍などを教えてください

in02_image_80 2年以内に革命を起こさなければカードゲームは滅びる(※外部リンクです)。ポジティブな情報だけでなく、ネガティブな情報にもしっかり目を通してほしい。

Q.11 未来のカードゲーム業界人へひとこと

in02_image_80 カードショップでアルバイトをするのはいいと思う。社員を目指すならQ.10で紹介したブログ記事をよく読んで、カードゲーム業界を引っ張っていく気概で頑張ってほしい。

Hachiから一言
ブログ記事内では、ブシロード木谷高明社長が「新規ユーザーを獲得するために、革新的な技術や考え方を取り入れていくことが重要」と話しています。小川さんが言うように気持ちの強い方が業界的に求められているのではないかと思います。
hachi_80x80



小川さん、素敵なコメントありがとうございます!!
インタビューに明るく丁寧にお答えいただいて、まさに「どんなときもお客様を楽しませることができる接客業のプロ」という感じがしました!!
是非今後ともよろしくおねがいいたします!!

インタビューを見たみなさんはいかがでしたでしょうか?
好きなこと(カードゲーム)を仕事にしたい方や、今カードショップで働いている方にも参考にしていただければ幸いです。



本コラム内ではカードゲーム名を下記の略称にて記載しております。
※デュエマ……デュエル・マスターズ
※バトスピ……バトルスピリッツ


【アーカイブ】教えてHachi先生!!



kitsune_sml ライター:Hachi(ハチ)
 7歳からカードゲームに触れて育ち、それから20年以上、ありとあらゆるカードゲームで遊び続けている。20歳で某TCGショップにアルバイトとして入社。入社後は遊戯王部門責任者、フロアリーダー、ショップ店長を経験し現場から本部へ転属。スーパーバイザー兼営業として店舗の立ち上げや立て直し、イベントの企画立案・運営を担当した。
 現在は株式会社ウェッジホールディングスに転職、東南アジアの国々にカードゲームの楽しさを伝える事業を担当している。最近のブームは言葉が通じない相手とボディランゲージでカードゲームを遊ぶこと。
ご意見・ご感想等ございまいたらTwitterにてお気軽にリプライください。よろしくお願いいたします。
Twitter:https://twitter.com/Hachi_tcgnoheya
Facebook:https://www.facebook.com/bna.hachi

合わせて読みたい関連記事