TCGのへや

教えてHachi先生!! ~第4回 アルバイトのキャリアアップ~

アルバイトのキャリアアップを知ろう!!

hachi_04-01

 アルバイトで働いて技量や経験が一定以上になると会社によって規定された役職に変わって、給与が上がります。これを「キャリアアップ」といいます。そして「キャリアアップ」を続けていく道筋を「キャリアプラン」といいます。

 カードショップのアルバイトでは、一般的にどのような「キャリアアップ」があるのか紹介します。

「研修(ゼロ)」から始めるアルバイト生活

 まず、アルバイト初期は「研修」から始まることが一般的です。研修期間はできることが少ないため、特定の期間や技術の習得が完了し、一人前になるまで時給を低く設定しているところが多いようです。

 もし「アルバイト」として働く際に研修用の時給を言い渡されたら、研修期間がいつまでで、どんな技術を習得すればいいのかを確認しておきましょう。無用のトラブルを減らすことができます。

できることが増えて楽しい「アルバイト」!!

 研修期間が修了したら正式な「アルバイト」に「キャリアアップ」します。

 「アルバイト」の基本的なお仕事は各社によって異なりますが、会社によっては「アルバイト」が売り場やカードゲームを担当するまでの教育ガイドラインや、昇給を目指すための「キャリアプラン」を提示してくれる会社もあります。

 闇雲に技術を学んでいくより、指定されたノウハウを順に学んでいくほうが、より早く多くの技術を習得することができますので、正式採用された際はマニュアルがあるか、ぜひ確認してみましょう。

アルバイトをまとめる存在「アルバイトリーダー」

 名称は各社で異なりますが、「アルバイト」の上に「アルバイトリーダー」が役職として存在するケースがあります。

 雇用形態は「アルバイト」のままですが、他の「アルバイト」より高い技術や経験を持ち「アルバイト」の統括や新人教育、技術指導をしていく立場です。クレーム対応や店舗の開け閉めなど、一時的に店舗の代表として動くこともある責任ある仕事なので、「アルバイトリーダー」には時給とは別に手当てがつくこともあります。

 「アルバイトリーダー」から次への「キャリアアップ」は「社員」であることが多いので、そちらは近日公開予定の【社員編】で詳しくご紹介いたします。

次回予告

 次回はカードショップのやりがいについてご紹介いたします。

matome04

前回の記事:第3回 アルバイトの賃金形態【アーカイブ】教えてHachi先生!!|次回の記事:第5回 カードショップで働くやりがい



kitsune_sml ライター:Hachi(ハチ)
 7歳からカードゲームに触れて育ち、それから20年以上、ありとあらゆるカードゲームで遊び続けている。20歳で某TCGショップにアルバイトとして入社。入社後は遊戯王部門責任者、フロアリーダー、ショップ店長を経験し現場から本部へ転属。スーパーバイザー兼営業として店舗の立ち上げや立て直し、イベントの企画立案・運営を担当した。
 現在は株式会社ウェッジホールディングスに転職、東南アジアの国々にカードゲームの楽しさを伝える事業を担当している。最近のブームは言葉が通じない相手とボディランゲージでカードゲームを遊ぶこと。
Twitter:https://twitter.com/Hachi_tcgnoheya
Facebook:https://www.facebook.com/bna.hachi

合わせて読みたい関連記事