TCGのへや

教えてHachi先生!! ~第3回 アルバイトの賃金形態~

大切なお金のはなし

money

 もし入社が決まったら、あなたはカードショップで働くことになります。働く上で重要な要素として「賃金」があります。アルバイトのほとんどは「時給」で働く形態です。ここでは少々基本的な用語の説明をしていきたいと思います。知っている内容も多いと思いますが大事なことですのでお付き合いください。

アルバイトは「時給」でお金がもらえる!!

 まず「時給」があります。これは「1時間働いて得られるお金」のことです。

 1日に働いた時間が5時間であれば《5(時間)×時給》の金額がもらえることになります。働いた時間を管理するタイムカードに勤務時間を記載していき、月に1度、決まった日にお金を受け取る流れが一般的です。勤務時間には通勤時間や休憩時間は含まれませんのでご注意ください。

 カードショップで働く際、お客様との接客や売り場の整理整頓・補充・価格調整で持ち場を離れることもありますので、持ち場を離れる際は勤務管理をしている人に仕事で持ち場を離れるのか、休憩なのか、勤務終了なのかを報告することを意識するとよいでしょう。

「時給」以外にもらえるお金はあるの?

 アルバイトの「賃金」は「時給」以外にもあります。代表的なものだと「手当て」や「能力給」といったものがあります。このふたつは働いているとよく見るものになると思いますので説明いたします。

 「手当て」は状況に応じて支給されるお金のことで、「時給」とは別に支払われます。例えば会社でイベントへの出店があり、そのイベントに手伝いに行くと「イベント手当」が支給されます。

 そのほかにも「扶養手当」や「出張手当」、「休日出勤手当」など、さまざまな種類がありますので就業規則で確認してみるといいでしょう。また、交通費の支給があれば「交通費手当」という名前で支給になることが多いようです。

 「能力給」はアルバイト個人の力量に応じて変わる「賃金」のことで、「時給」そのものが増えるケースもあります。

 昇給制度がある会社だと一定の技術や経験を修めると自動的に昇給があったり、もしくは特定の資格に取得が条件になっていたりしますので、こちらも「手当て」と同様に就業規則や勤務管理をしている人に相談してみるといいでしょう。

時給+手当て+能力給=もらえる金額!!

 あくまで基本的にではありますが、「時給」と「手当て」、そして「能力給」が基本的な支給額となります。また一定条件を満たすと社会保険への加入ができる会社もありますので、気になる方は店長や勤務管理をしている人に聞いてみるといいでしょう。

次回予告

 次回はアルバイトとして成長していく過程で欠かせない「カードショップのキャリアプラン」をご紹介いたします。

matome_3

前回の記事:第2回 カードショップでアルバイトとして働くには【アーカイブ】教えてHachi先生!!|次回の記事:第4回 アルバイトのキャリアアップ



kitsune_sml ライター:Hachi(ハチ)
 7歳からカードゲームに触れて育ち、それから20年以上、ありとあらゆるカードゲームで遊び続けている。20歳で某TCGショップにアルバイトとして入社。入社後は遊戯王部門責任者、フロアリーダー、ショップ店長を経験し現場から本部へ転属。スーパーバイザー兼営業として店舗の立ち上げや立て直し、イベントの企画立案・運営を担当した。
 現在は株式会社ウェッジホールディングスに転職、東南アジアの国々にカードゲームの楽しさを伝える事業を担当している。最近のブームは言葉が通じない相手とボディランゲージでカードゲームを遊ぶこと。
Twitter:https://twitter.com/Hachi_tcgnoheya
Facebook:https://www.facebook.com/bna.hachi

合わせて読みたい関連記事