TCGのへや

【まりも丼と歩むTCG道】

皆さん、はじめまして!「TCGのへや」スタッフのまりも丼です!

「TCGのへや」第11回にご参加いただけなかった方のために、今回は「遊戯王アーク・ファイブOCG(以下、遊戯王OCG) トリオ決闘!!(以下「トリオ決闘!!」)」の様子をご紹介していきます!

3人がランダムで1つのチーム!!絆パワーが試される!!

今回の「トリオ決闘!!」の目玉はなんといってもシングルマッチ制のランダムチーム戦でしたね! チームがその場で決定するため、どんなデッキを使用すればいいのか皆さん迷われたかもしれません。初対面のデュエリスト同士がお互いのデッキ内容を共有しながら戦い、そのなかでもメンバー同士が打ち解けているチームが勝利を掴んでいたようです!

大会システム全体として、「遊戯王OCG」を好きな人同士が、大会を通して交流する、これまであまりなかったイベントをご提供できたと考えています。

あの有名デュエリストが参戦!!

「トリオ決闘!!」のもう1つの目玉といえば、「Vジャンプ」でお馴染みの「遊戯王OCGカリスマデュエリスト(以下 カリスマ)」の参戦です!!

今回はカイザー海馬さん、流星さん、千丈目さん、マスター赤馬さん、コイン・トス之助さんの5名にご参加いただきました! カリスマと同じチームになった方や、対戦できた幸運な方がうらやましいです!!

■気になるカリスマのデッキは……?

僕が会場で見た感じでは、各カリスマが使用していたデッキはこちらでした!!

カイザー海馬さん    →“青眼龍デッキ”
流星さん        →“クイックジャンクシンクロデッキ”
千丈目さん       →“ファーニマルデッキ”
マスター赤馬さん    →“インフェルノイドデッキ”
コイン・トス之助さん  →“幻獣機デッキ”

個人的に印象に残っているのは流星さんの“クイックジャンクシンクロデッキ”です! モンスターを特殊召喚する≪ソウル・チャージ≫や≪死者蘇生≫を使い、シンクロモンスターをそろえて≪シューティング・クェーサー・ドラゴン≫をシンクロ召喚! 2回攻撃により見事勝利していました!!

「トリオ決闘!!」全体を振り返って……

全体のデッキ傾向として“クリフォートデッキ”と“HEROデッキ”が非常に多い印象を受けました。特に“クリフォートデッキ”は2015年4月1日からのリミットレギュレーションにより規制が決まっているため、規制前に多くの方が使用していたのではないかと思います。

同じく規制が決まっている“ネクロスデッキ”は使用者が少なく、今後の大会でもまだ戦えると判断したデュエリストがいたのだと考えられます。ほかには、シングルマッチ制に非常に相性の良い“バーン系デッキ”や“特殊勝利系デッキ”などは少なかったようです。安定感の低さを懸念されたのかもしれませんね。

まりも丼の勝手にデッキ紹介!!

最後に、今回「トリオ決闘!!」参加者のデッキから、まりも丼推薦のデッキレシピを勝手に紹介させて頂きます!

がぶもんさんの“HEROデッキ”

トリオ決闘、デッキレシピ(がぶもんさん) このデッキは、先行で≪M・HERO ダーク・ロウ≫と≪サイバードラゴン・インフィニティ≫を特殊召喚する“HEROデッキ”ですね。

デッキの特徴は通常モンスターをデッキから特殊召喚する「予想GUY」が2枚と、通常モンスターである≪E・HERO スパークマン≫が1枚採用されていることです。

これにより、フィールドにレベル4モンスターを4体揃えやすくなり、先行で≪M・HERO ダーク・ロウ≫と≪サイバードラゴン・インフィニティ≫の特殊召喚が狙えますね。罠カードには≪虚無空間≫や≪デモンズ・チェーン≫など、相手の妨害に特化したカードが多く採用されています。上記モンスターと合わせてフィールドを先行1ターンから固めていく構築となっています。サイドデッキを使用しない今回の「トリオ決闘!!」に合わせて、相手に対処されずにフィールドを支配する構築になっていると感じました。


レックス・ハマーさんの“アーティファクトアルティマヤ・ツィオルキンデッキ”

トリオ決闘デッキレシピ(レックス・ハマーさん) 相手ターン中にセットを行なう「アーティファクトカード」を使い、≪アルティマヤ・ツィオルキン≫から大量のシンクロモンスターを展開する“アーティファクト アルティマヤ・ツィオルキンデッキ”です。

デッキの特徴は≪クイック・シンクロン≫≪銀河戦士≫≪サイバードラゴン」など、大量のレベル5モンスターが採用されている事です。これにより早いターンで≪アルティマヤ・ツィオルキン≫の特殊召喚が狙えて、シンクロ召喚モンスターを大量展開する準備が整います。

また、罠カードには≪くず鉄のかかし≫が採用されており、フィールドのモンスターを守る事で≪アルティマヤ・ツィオルキン≫の特殊召喚をしやすくする事や、使用後に自身がセットされる事から≪アルティマヤ・ツィオルキン≫の効果発動トリガーとしても使用できます。がぶもんさんのデッキと同様に、サイドデッキを使用しない今回の「トリオ決闘!!」に合わせて、相手に対処されずにフィールドを支配する構築になっていると感じました。


それでは今回はこの辺で! 次回もお楽しみに!?

合わせて読みたい関連記事